授乳ブラ

普通のブラジャーに比べると柔らかくワイヤーがないものが主流です。
産後数か月間必要となる授乳ブラは、なかなかお洒落なものがなく嫌煙されがちですが、授乳ブラは必要。
必要なわけを説明しましょう。
必要なわけその1。
授乳がしやすいことです。
産後数か月間は、外出先に問わず日夜授乳が必要となるわけですが、授乳ブラですと、従来の取り外し必要なブラジャーに比べると素早く授乳をすることができるのです。

必要なわけその2.体に負担がかからないことです。
一般的なブラジャーの場合は、胸を作り出す、形を整えることが目的なので締め付けるタイプが多いのですが、授乳ブラは覆うタイプが多いので、締め付け感や、体中の脂肪を寄せてあげてということもしないので、体に負担をかけません。
母乳育児をする場合は、乳腺への負担も影響してくるので体への締め付けはなくし体への負担は少しでも軽くしたいもの。
そのためにも授乳ブラは必要なのです。

必要なわけその3。
母乳の出に関係してくること。
その2にも関係することなのですが、従来のブラジャーの場合、ワイヤーなどがしっかり入り固定されます。
締め付けることで体の形を作るのですが、母乳には悪影響を及ぼす可能性があります。
乳腺に影響が出るとされています。
ですので、ワイヤーなしの授乳ブラが重宝されるというわけです。
このような理由から授乳ブラを使用している人も多く、昨今ではメーカからもお洒落な授乳ブラを出しているところもあります。

Copyright © 2014 授乳ブラが必要とされるワケ All Rights Reserved.